第二部「魔術士オーフェンはぐれ旅 我が夢に沈め楽園(下)」

前巻から続くお話。

「ボルカンが死んだ」

と聞かされたオーフェンは、半信半疑ながら、ドーチンと共に森の奥へ。

そこで頭から水槽が生えている、猿の怪物に襲撃されます。

魔術文字を操る怪物から逃れる為、建物の中へ飛び込んだオーフェン達。そこは例の、天人の遺跡でした。

猿が切断した者はまた元に戻りますが、なぜか重力が逆さまに働くように……建物の中で、天井に立つボルカンを発見した二人。

同じ頃ペンションでは、ロッツの部下がシーナとエリス、そして宿の地図を拐う事件が。

クリーオウとマジクはロッツ・ホテルに殴り込みをかけますが、そこで出会った老人に意味深な言葉をかけられます。

彼はギャングのボスである、大フィーン・ロッツ。

シーナが自分の息子を隠した、と言いますが。

そして、さらにその頃。

見知らぬ場所で目を覚ましたエリスは、母が巨大な水槽を見上げる姿を目撃します。その中には、異形の肉塊が……。

宿の泊まり客だった学者、コンラッド氏に会い、ここが天人の処刑場=重力を逆さまにする刑罰を与える場所だ、と教わります。

その時、エリスの悲鳴が……。

たくさんの人間を生け贄にしながら、一つの目的の為だけに生きてきたシーナ。それは、異形の姿になって生き続ける夫(ロッツの息子)と再会すること。

エリスは、自分がその為に作られたクローンだと知らされます。

ロッツとシーナ、因縁の二人の対決。そして、信じがたい事実を知った時、エリスがとる行動とは?

二人の均衡を崩すのは、やっぱりオーフェンの魔術。

新たな旅立ちを迎えるオーフェン達、そしてエリス。

少しほろ苦く、でも、爽やかな読後感のお話です。

Categories: