第二部「魔術士オーフェンはぐれ旅 我が庭に響け銃声」

シリーズでもっとも血生臭い、絶望が強い内容の巻です。 とうとう最接近領に到着したオーフェンと姉のレティシャ、昔馴染みのイールギット。エドへの復讐を望むロッテーシャ。 クリーオウとマジクは領に連れていかれ、領主はオーフェンに何かをさせたい様子。 レティシャはこれからの困難に対抗する為、「搭」から持ち出した銃と、戦闘服を弟に渡します。 最接近領に踏み込んだ途端、分断された一行。 「六人が死ぬ」という、ダミアンの不気味な予言の意味は。 一方、領主を暗殺する為に先行していた十三使徒の二人。彼らの前に、シリーズ最強... Read More