重松清「赤ヘル 1975」

最近面白く感じた小説は、重松清の赤ヘル1975です。この小説では、赤ヘル軍団と呼ばれるように強いチームとなった、プロ野球の広島カープが初優勝した1975年に、 広島の3人の少年の友情をからめて描いた青春物語となっています。 この物語には、広島の中学校で学校生活を送っている、地元広島育ちの少年ふたりと、主人公である東京からの転校生であるマナブかま登場します。このマナブは、お父さんの仕事の為、全国各地をてんてんとして暮らしています。 そしてせっかく中の良い友達が出来た広島から、おとうさんの仕事がうまくいかなく... Read More