重松清「赤ヘル 1975」

最近面白く感じた小説は、重松清の赤ヘル1975です。この小説では、赤ヘル軍団と呼ばれるように強いチームとなった、プロ野球の広島カープが初優勝した1975年に、 広島の3人の少年の友情をからめて描いた青春物語となっています。

この物語には、広島の中学校で学校生活を送っている、地元広島育ちの少年ふたりと、主人公である東京からの転校生であるマナブかま登場します。このマナブは、お父さんの仕事の為、全国各地をてんてんとして暮らしています。

そしてせっかく中の良い友達が出来た広島から、おとうさんの仕事がうまくいかなくなってしまったため、引越していかなくてはならなくなります。

そのマナブが、引っ越していく時期は、カープが初優勝した1975年の秋と重なってしまいます。マナブは初めての優勝パレードの時に

友人たちと別れなければならなくなります。

このシーンで、読者は涙を誘われることでしょう。

今ではプロ野球のセリーグを3連覇するような強いチームとなった広島カープですが、それまでは、チームの存続さえ危ないような弱小球団でした。そうしたカープの球団の歴史と少年たちの友情が、うまく絡み合っている物語だといえると思います。

Categories: