シリーズ九冊目「魔術士オーフェンはぐれ旅 我が神に弓引け背約者(上)」

オーフェンシリーズ、初の上下巻です。

敵陣キムラックの真ん中で、初めての殺人にショックを受ける主人公。

その影響で構成を編めなくなり、一切の魔術が使えなくなります。

さらに、メンタルもボロボロ。

そんな中なんとか移動した一行は、牢に囚われたサルアと再会します。

キムラックの古い秩序を壊そうとした彼は、反逆者として捕らわれ、拷問を受けていました。

同じ頃、上司であるカーロッタを襲撃したメッチェンも返り討ちに遭い、雨の中を逃走します。

なんとか神殿の最奥に辿り着いたオーフェン達ですが、そこには神官兵の集団と、強敵クオ・ヴァディスが待ち構えていました。

古代の魔術武器と防具を使いこなすクオに、追い詰められた一行。

一切の攻撃が通じず、オーフェンは魔術を使えないまま。

その時、神官兵の一人がいきなりオーフェンに加勢を始めます。

正体を表した彼女は、別の方向から潜入していた義姉・アザリー。

形勢逆転したかと思いきや、クオが隠し持っていた拳銃に撃ち抜かれたオーフェン。

そして、壊れた聖堂の隙間からは、宙吊りにされたまま生き続ける女性の姿が……。

彼女の首を掴む手は、誰のモノなのか。

第一部も、残すところあと一冊。

最悪の場所で、最悪の状態で探し続けたアザリーに再会した、オーフェン。

彼の安否が分からないまま、物語は次の巻へ続きます。

全ての謎が明かされるのは、次巻の(下)。

ウジウジしたオーフェンはらしくないので、早くいつもの彼に戻って欲しいです……。

Categories: